生理前のむくみ解消.com » 腰痛と腰椎椎間板ヘルニア

腰痛と腰椎椎間板ヘルニア

医者は、あなたの痛みの特徴を問診で把握してから、筋肉の力や知覚に異常がないかなどの神経学的な検査を加え、レントゲン検査、さらに必要ならMRI検査や脊髄造影などの検査を行ってから、診断をします。
医者に行く時には問診に正確に応えるためにも自分自身で把握しておきましょう。もちろん素人判断はいけませんが、痛みがある時には、どこが、いつから、どのように痛いのかということを把握することで痛みの原因となる病気は何かなど、だいたいの可能性を見つけることが可能です。以下に例をあげます。

①どんな時に痛みが始まったのですか?
腰をひねった、重いものを持った - 腰椎椎間板ヘルニア、腰椎捻挫
転んで腰を打った、しりもちをついた ‐ 圧迫骨折、骨折

②痛みの時間の経過は?
急に出てきた - 急性腰痛症
痛くなったり、よくなったりの繰り返し - 腰椎椎間板ヘルニア
痛みはだんだん軽くなっている - 筋・筋膜性の腰痛
痛みはなくならず、むしろ強くなる - 炎症

③どこが痛いですか?
痛みは腰だけ - 腰椎捻挫、圧迫骨折
痛みは腰、お尻、太ももの後ろ側、太ももの付け根にもある - 関節症
痛みは腰のほか、膝から下にある - 腰椎椎間板ヘルニア

④痛みがどのように変化しますか?
朝起きたときに痛むが少し体を動かしていると痛みがとれている、昼は痛みがあまりない - 関節症
昼は痛くないが夕方になると痛みが強くなる - 筋性腰痛症、筋疲労、腰椎椎間板ヘルニア

⑤痛みと姿勢・動作との関係は?
寝ていれば痛まないが、少しでも体を動かすと痛い - 腰椎捻挫
寝ていると腰から足が痛くなる、立っている方が痛みがない - 馬屋神経腫瘍
安静にしていても痛い - 炎症、腫瘍
おじぎをすると痛みが強くなる - 腰椎椎間板ヘルニア
中腰の姿勢かつらい - 変形性脊椎症
体を後ろに倒したほうが痛い - 脊椎分離すべり症
咳や-しやみで腰の痛みが強くなり,足の方にも痛みがひびく - 椎間板へル二ア、腫瘍
しばらく同じ姿勢でいると痛む - 筋・筋膜性腰痛

⑥どこをおすと痛いですか?
背ばねの中央に並んでいる突起をおすと痛い - 圧迫骨折、骨組しょう症、腰椎分離症、腰椎すべり症
背ばねの両側を走る筋肉をおすと痛い - 筋・筋膜性腰痛、筋疲労
椎間関節をおすと痛みがある - 関節症
仙腸関節をおすと痛みがある - 仙腸関節炎
お尻の坐骨神経の出口をおすと痛みがある - 坐骨神経痛