生理前のむくみ解消.com » リラックス法について

リラックス法について

先日、「1/fゆらぎ」なる言葉を目にしました。みなさんはこの言葉をご存知ですか?僕が知った1/fゆらぎのイメージとしては、大自然の中、森林の木漏れ日や体で感じるそよ風、小川のせせらぎ…などといったゆったりとしたリズム。

その独特のリズムを「1/fゆらぎ」と言うようです。この1/fゆらぎのリズムで森が包まれているからこそ、森林浴でリラックスすることができると言えるのだと思います。

じゃあ、そのリズムを毎日感じればいつでもリラックスできるじゃないか!と思ったのですが、どうやらこの1/fゆらぎは自然界にしか存在しない独特なリズムで、人工的には作れないと言われているのです。1/fゆらぎでリラックスしたければ森林浴などで直接感じる必要があります。

この1/fゆらぎを感じている時、私たちの脳は「アルファ波」という脳波状態になっています。ひらめきを感じた時や何かを想像している時もこのアルファ波状態であり、緊張がほぐれているのです。

クラシック音楽を聴くとリラックスする、というのもこのアルファ波のおかげなのでしょう。また、脳波にはいくつかの種類があり、普段の生活中はベータ波状態で、他にもシータ波、デルタ波などがあります。

それなら常にアルファ波状態を維持すれば良い、なんて思わないでくださいね。普段はベータ波であり、ストレスを感じやすい状態なのですが、それはつまり周囲の状況に対してしっかり反応することができるからで、何かに集中するための緊張感を得ることが出来るのです。

大切なのは緊張状態とリラックス状態、ベータ波とアルファ波のバランスを取ること。私たちの脳にもメリハリがあることで健康的に過ごせるのです。

「1/fゆらぎ」に「アルファ波」。この二つの言葉はリラックスに欠かせない重要なものだとお判りになったでしょうか?森林浴で1/fゆらぎを感じることは忙しい毎日の中では難しいかもしれませんが、仕事の合間などにリラックスする音楽を聴いたりして、アルファ波を意識してみてはいかがでしょうか?