生理前のむくみ解消.com » 整体の資格について

整体の資格について

整体師は民間資格によってその職に就くことができる仕事です。あるいは資格がまったく無くても可能ですが、様々な機関が存在し、それぞれに整体の効果を広めようと努力されています。

生活習慣やその人それぞれの癖を見抜き、脊椎や骨盤、肩甲骨や四肢に起こっている様々な異常、ずれやゆがみを代表とする変性の状態を治します。痛みはありません。

ソフトな施術とよく表現されるように、指や手を使ったマッサージのような感じで施術をします。つまり整体師は矯正や骨格筋の調整をしますが、この効果はとても広く、神経のダメージや疲労を解消させ、血行を高めることができる、自然な抵抗力を高めていくことが可能です。

整体師になるためには、多くの方が正規の資格を取得したいと考えています。しかし現状はこのように国家による正式医療としては認められていません。経験を積むことがまず重要です。

より多くの経験を積むことによって、施術を受けるカスタマーに対して満足度の高い治療を行うことが可能になります。

また整体師の就職先にも様々です。整体治療院や鍼灸治療院、整骨院などがありますが、国家資格を有する鍼灸や接骨、按摩などの施術院でも整体の技を用いているところが多くあります。

最近は特に自然療法、サロンやエステなど、整体を用いているところが増えていますので、競争意識も激しくなっています。整体を学び、美容や接骨、柔道整復術なども学ぼうとされる方も増えています。

また整体院を開業する際にはより多くのニーズを掴むような工夫も大切です。隠れ家的なサロンを経営されているところも多くあります。

まずは技術を高めていくことが大切です。数多くの症例を持ち、どのようなタイプの方にも効果が出せるようでなければ一流の整体師にはなれません。

たくさんのセミナーや講座開講にも参加することが望ましいと言えます。自分なりに整体の歴史や流れを踏まえていけば、自分がどのような整体師になれるかをだんだんイメージできるようになれます。