生理前のむくみ解消.com » PMSの緩和

PMSの緩和

ここ十数年で研究が進んできたPMSという症状をご存知でしょうか。生理の2週間から1週間前くらいの間に女性に現れる身体や心の変化の事です。心当たりがある人も多いでしょう。

頭痛や吐き気、激しい睡魔や気分がイライラしたり急に泣きたくなったりと人によって様々な症状が現れます。生理が始まるとこれらの症状が自然と無くなっていきます。

その女性によって異なった症状があらわれて、軽かったり酷かったりします。認知度が低い事や全部女性が同じ症状では無い事などから周りやパートナーに分かってもらうのは難しいともいえます。

実際にこのような症状は月経前症候群または月経前緊張症、英語ではPremenstrual Syndromeの頭文字を取ってPMSと呼ばれています。様々な研究が進められていますが、はっきりとした原因は明確にはわかっていません。

女性ホルモンや脳内のセロトニンなどが関係している事はわかってきたようです。毎月、生理のたびにこの辛さがあると思うだけで憂鬱になります。これらのを和らげる方法をご紹介します。

症状を和らげる効果のある物として運動、食事、ストレスをためないことが上げられます。植物性の食材を多めにとると和らげる効果があると言われています。緑黄色野菜や豆類、海藻類などがPMSの緩和に効果があるようです。

また油類もバターなどの動物性ではなく胡麻油やオリーブオイルなどの植物性の方がPMSの緩和には効果があると言われています。バランスのとれた健康的な食事をとる事がPMSの軽減になります。

逆に砂糖や塩分、アルコールやカフェインなどは血糖値やむくみにも影響がありますし、精神的に興奮する作用があるものなどは取らない方がいいでしょう。バランスの良い食事は気持ちを穏やかに保ちます。

しかし食べたい物を我慢し過ぎてしまうと、今度はその我慢がストレスになってしまいます。PMSを軽くするためにはあまり自分に厳しくしないで、加減しながらなら好きな物を食べる事でストレスにならずに済みます。

食事をバランスよく楽しく取る事が辛さを和らげることに繋がるでしょう。