生理前のむくみ解消.com » 局所麻酔の神経ブロック注射

局所麻酔の神経ブロック注射

腰痛や、ヘルニアなどの痛みに有効とされるものの一つにブロック注射があります。この方法は局所麻酔によって、患部の痛みをカットする方法が取られています。局所麻酔薬は、患部の痛みなどで過敏に反応している神経を一時的にブロックするため、通称「ブロック注射」と呼ばれています。

突発的な痛みや、腰痛などに非常に有効な方法で、日常生活の中で、腰に持病を抱える人は、事前に専門医に相談しておき、万一のときにすぐにブロック注射治療を受けられるようにする、などの予防対策を講じることも有効になっていきます。

ただし、ブロック注射自体は、患部の神経を切断するような、外科的な手術を伴うわけではないので、慢性的な痛みを引き起こすような場合には、直接、患部の治療を早期に行うことが必要になっていきます。

ブロック注射のメリットとしては、局所麻酔であるので、全身麻酔のように、薬物的影響が身体に少ないというメリットがあるほか、患部の痛みをカット出来るようにしているので、比較的、他の痛みを抑えることが出来るというポイントがあります。

また、他の腰痛の治療法である、薬物療法やコルセット、患部を安静にしておく、などの治療法と合わせて行うことで、さらに効果を高めることが出来るようになります。

また、痛みどめなどの内服薬で効果を発揮しないような場合、積極的な治療法の一つとして、ブロック注射による痛みのケアを役立てることが出来るというメリットがあります。

ブロック注射で痛みを緩和している間に、人が本来持つ、自然治癒力によって、患部の痛みをケアすると言う効果も期待できるので、治療を受けているときは、努めて安静にするなどの自主努力も大切になってきます。痛みのカットの選択肢として考えておくとよいでしょう。