生理前のむくみ解消.com » 脊柱管狭窄症とMRI検査

脊柱管狭窄症とMRI検査

今ではMRIの存在は脊柱管狭窄症にあたり欠かせなくなっているようです。診断する際にも必要となるのですが、画像で確認することにより、どの部分がどうなっているかを明確にすることができ、よっては、治療に大変役立ってくるわけなのです。

さらには手術を行わなければならなくなった時にも、MRI画像をとることで的確に狭窄部分をみつけられ、取りのぞいたり固定したりすることができるのです。

したがって、現在MRI画像は治療を行う際にもなくてはならない必要不可欠なものとなってきているのです。これからも医療機器の進歩により、ますます色んな診断や治療などに対して有利となってくるのではないでしょうか。

ですが、医療がこれだけ進歩しているのにも関わらず、脊柱管狭窄症の患者さんは年々増え、その人の症状によって治療が難しいようです。治療が難しい理由としては、患者さんが高齢あることや、はっきりとした原因が分からないことが挙げられるようです。

基本的には投薬などの保存療法で治療をしていきますが、数ヶ月経っても改善が見られない場合は手術やその他の治療に踏み切るようです。しかし、手術をしたからといって完治するものではなく、何らかの後遺症を残される方も多いようです。

この点を踏まえ、自分の症状を明確に伝え、信頼できる医師に相談するのが一番良いのではないかと思います。