生理前のむくみ解消.com » 痛みの原因

痛みの原因

月経の時の痛みに悩まされてはいるけれど、なぜ痛くなるのか原因はよく分からないという人もいるでしょう。お腹や腰が痛くなるだけではなく、たくさんの症状があります。

厚生労働省が調査したところ、お腹の痛みを感じる人は67.3%。腰が痛くなるという人が46.3%で、全身の倦怠感を感じるという人が36.3%いるという結果が出ました。全身のだるさや吐き気、胃痛、食欲不振、下痢、めまい、イライラ、憂鬱感、怒りっぽくなるといった症状が現れる人もいます。

毎月、様々な症状に苦しめられる女性は本当に大変です。この痛みですが冷え症で、血流が悪かったり子宮の収縮が強い場合や子宮口が成熟していない場合などの原因もあるようです。月経とは子宮内膜がはがれ落ちる現象です。

このとき、プロスタグランジンというホルモンが分泌されます。そのプロスタグランジンは、子宮をギュッと収縮させ、経血を押し出すのです。また、子宮の入り口の部分がしっかり閉じていると収縮して経血を出そうとしてなかなか出ないので強い収縮を繰り返します。それは、陣痛と同じような動きになるので陣痛と同じような痛みが生じることになるのです。

またプロスタグランジンの原料は脂肪と言われていて、そのホルモンの量が多いと、必要以上に収縮を繰り返してして下腹部が痛くなるのです。

他にも心理的な要素があると言われています。生理が来るのが嫌だなとか痛いだろうなと思っていると心理的に影響してしまういわれています。また過労やストレス、寝不足なども月経の時の痛みが悪化する要因となっています。

嫌な事ばかりの月経ですが女性として逃れる事は出来ません。普段の生活から、バランスの良い食生活を送り鉄分やビタミン、良質なタンパクを含む食材を食べましょう。

体を中からも外からもあたためて冷えを防いでおきましょう。十分な睡眠をとってゆったりとした気持ちでリラックスをして 痛みが最小限になるようにしましょう。