生理前のむくみ解消.com » 日本食を食べる

日本食を食べる

健康な身体を構成するのは食事による栄養補給に他なりません。毎日どんな食事を取るかによって体の健康度は大きく変わっていきます。日本食は身体によい料理ジャンルと言われており、世界的にも高い評価を得ています。

日本食は魚や野菜を中心に構成されている非常にヘルシーな料理ジャンルで、そのおかげか日本人は先進国の中では一番肥満体型の人の割合が少ないそうです。

そして日本食は工夫することでさらに理想的な健康食にすることが出来ます。日本食は確かにヘルシーで健康的な食事ではあるのですが現在の日本食ではいくつかの栄養素が不足したり、摂りすぎたりする場合があります。

例えばカルシウムは不足しがちな栄養素の一つで、昔は日本食でもカルシウムを取りやすい小魚やひじき、切り干し大根などのメニューや魚や昆布などの出汁でカルシウムを補給していましたが、これらの食材や料理は最近食卓に並ぶことが少なくなったり出汁は市販の顆粒出汁が使われることが多くなったので、最近の家庭で出る日本料理では不足しがちな栄養素なのだそうです。

さらに日本料理は昔から塩分を多く摂りがちな料理として知られています。 醤油や味噌といった調味料もかなり塩分が高めのものですし、その他昔から作られている保存食も塩分を大量に投入することで日持ちさせたりしているのでそうした食材を利用する食事は塩分が高めになりがちです。

そうした日本食の弱点を解消させれば日本食は完璧な健康食となります。カルシウム不足は食材を工夫することでまかなえることが出来ます。

出汁を顆粒タイプのものから煮干や昆布などの本格的なものにしたり、カルシウム豊富な食材を食卓に加えたりしてカルシウム不足を補いましょう。

塩分過多は使用する調味料の量を減らしたり、塩分を排出する効果のあるカリウムを含んだ食材を料理の材料に加えれば塩分過多をカバーすることが出来ます。健康的な生活を続けるために日本食を見直してみてはいかがでしょうか。