生理前のむくみ解消.com » MRIについて

MRIについて

腰椎椎間板ヘルニアは近年、画像などを利用する検査によって、患部の症状が正確に把握できるようになりました。これは磁力を使った患部の状況を判断する方法で従来のX線やCTスキャンのようなものよりも、患部と筋肉の断面図がより詳しく分かるため、症状を正確に判断することに役立つ方法として知られています。


ただし、この検査を行ったからといって、症状が必ずしも全てわかるかといえばそうではなく、実際には画像に発見されなくても、痛みを発生するような場合も見受けられるので、状況を正確に理解するようにしてください。

腰椎椎間板ヘルニア自体は、年齢とともに、発生のリスクが高くなる病気であり、整骨院や整体などに通う中で、症状を発見できるようなケースも多くあります。

放置すると、さらに病状が悪化することもあるので、MRIの画像診断を受けて、ヘルニアと診断された場合、出来る限り早期に今後の治療をどのようにしていくべきか、ということを医師と相談することは、非常に望ましい対応ということがいえます。

腰椎椎間板ヘルニアは名医の指示によって、定期的に行われることもあり、骨の変性部位がさらに悪化して、神経を圧迫しているような「巨大ヘルニア」になっている場合には、場合によっては手術が必要になることもあります。

この方法よって、どの程度痛みが患者に対して現れているのかを正確に判断することは現実問題として難しいところはありますが、正確に病状を判断することが望ましいでしょう。

この方法では、椎間板と椎骨の状況、神経根の状況を正確に測ることができるので、その後の治療の経過などを保存療法を採用するときには、非常に重要な経過報告となります。

また、腰椎椎間板ヘルニア自体は、実際に患部が痛みを引き起こすような症状に見えても、患者の中にはまったく痛みを引き起こさない人もいるので、その状況については、冷静に判断できるようにしておくことが望ましい治療方法といえます。