生理前のむくみ解消.com » ストレッチで椎間板ヘルニアを解消

ストレッチで椎間板ヘルニアを解消

「椎間板ヘルニア」という疾患をご存知でしょうか。この疾患は、腰痛や下半身の痛みを引き起こします。この疾患が発生する「椎間板」は骨と骨の隙間にあり、そこでクッションの役割を果たしています。

そこに大きな負荷がかかり、椎間板の中にある「髄核」と呼ばれるものが飛び出してしまった状態をこのように呼んでいます。

飛び出した髄核が背骨の後ろを走る神経を圧迫することによって、腰痛などの痛みが発生します。あるいは、老化など、身体の衰えにより、今まで影響のなかった負荷が、相対的に大きくなって発生する場合もあります。

このような症状が起きやすい年齢としては、40代を越えたあたりで発生率が上がり、50代でそのピークを迎えます。しかし、先にも述べたとおり、この疾患による痛みが発生するのは、椎間板から飛び出した髄核が神経を圧迫したときだけです。

言い換えれば、髄核が飛び出しているだけで、神経を圧迫していない状況であれば痛みは起きません。さて、この症状に対して行われるストレッチについてですが、たくさんあります。

特に、インターネットの普及により様々な情報に容易にアクセスできるようになっている現代においては、手軽に情報を収集することが可能です。

そのため、この症状を改善させるためのストレッチに関しても、多くの情報を入手できるかと思います。しかし、ここで念を押しておきたいのは、発症してしまった場合には、基本的に医者の指示に従うべきだということです。

そもそも、このような病気になっているということは、病院にかからなければわかりようがないですし、そうなれば、医者にかかっている以上、適正な治療法が示されているでしょう。

万が一、我流のストレッチを医師に無断で行い、勝手な暴走を続けた挙句症状が悪化してしまったら、意味がありません。