生理前のむくみ解消.com » 診断と費用

診断と費用

健康診断には一定の費用がかかります。また、企業には健康診断が義務付けられていますので、入社された場合は費用が全額負担となり、本人は足を運ぶだけになりますが、入社前の健康診断の場合は負担するのが常です。

このような健康診断は、健康保険の適用外となり、風邪などの診察よりも費用が高めです。一般に、すぐに治療することもなく、処方箋なども無いことを踏まえて、1万円はかかると考えるのが無難です。しかし、風邪の治療でも差があるように、健康診断も病院ごとにまちまちです。

また、個人事業主、専業主婦やフリーターの方には、自費での健康診断が必要になりますので、場合によっては多額の出費となり、早目に準備しておくことが必要です。

健康診断の定例メニューだけで済む場合はその他には電車賃程度になりますが、オプションの検査が必要になった場合は、多い場合では数万円という場合もあります。胃カメラの場合は約1万円程度、これに三割負担が効きます。

その他、頭部のCTスキャンは5千円、腹部は1万円程度、MRI検査になると2万円はくだらない場合がほとんどです。

基本的な健康診断内容として、問診、身長、体重、血圧、視力検査、聴力検査などがあり、その他のオプションとして、尿検査、血液検査、胸部レントゲン検査などを用意しているところが平均的な病院です。

このオプションはそれぞれに費用がかかる場合もあれば、一括でメニュー化されているところもあります。費用を決定するのはそれぞれの項目ごと、と考えるのが無難です。まず異常がある可能性があれば、その検査として効果の高いものから順に消化するなどのアイデイアも必要です。

一般にフリーターの場合、健康診断に行きたくても行けない、ということになりがちですが、献血をすることで血液検査をある程度消化することが可能です。

献血すると、血液検査をしてもらいます。これは献血として使用できるかどうかを判定するためのものでもありますので、ほぼ正確に検査してもらうことが可能です。結果をはがきなどで通知してもらえますので、ある程度の健康チェックとしては充分と言えます。