生理前のむくみ解消.com » 頚椎ヘルニアとコルセット

頚椎ヘルニアとコルセット

頚椎ヘルニアの症状として挙げられるのは激しい痛みや頭痛などが挙げられます。その中でも頚椎ヘルニアの頭痛は非常に辛いと有名です。

痛みが激しい時は何もしないで大人しくしているのが一番なのですが、休む暇も無い現代日本では数日何もしないでじっくり休む機会も無く多少無理してでも働かなければなりません。

そんな時に役立つのが首の骨を支えるコルセットです。これの装着は装具療法という立派な治療法の一つに数えられており、痛みが激しくて身体を動かすことが出来ないときなどに非常に重宝します。

種類はたくさんのものがあり、病院で自分の体型に合わせて1から製作するオーダーメイドのものからネットショップやドラックストアなどでも販売されているような既製品まで非常に様々な種類のコルセットが売られています。

どのタイプを選ぶ丘は自分次第ですが、選ぶ時はいくつか注意しなければならない点があります。まず固定力が無ければ何の意味もありません。

サイズが合っていなかったりすると固定力はほとんどなくなってしまうので、自分の体型に合ったものを選ぶようにしましょう。それと通気性も外せない要素の一つです。

その性質上長時間浸けっぱなしにすることも多く、通気性が悪い商品を使っていると内部が非常に蒸れて、肌が弱い人は汗疹ができたりするのでそうしたトラブルを防ぐためにも通気性がよいタイプを探しておくと良いでしょう。とりあえずこの二つを抑えておけば安心なので後は予算やデザインなど自分の好みで選んでみてください。

つけている間はとんど痛みを感じない非常に便利なものなのですが、浸けっぱなしは禁物です。つけっぱなしでいると首周りの筋肉がどんどん衰えていき、いつまでたっても頚椎ヘルニアが完治しなかったり、頚椎ヘルニアが再発しやすい身体になってしまいます。

装着するのはあくまで痛みが出ているけど身体を動かさなければならない時のみに限定して痛みが少ない時は装着せずに動いたり、軽いストレッチなどをして首の筋肉を鍛えましょう。

頚椎椎間板ヘルニアの名医をご紹介