生理前のむくみ解消.com » 資金計画を立てるポイント

資金計画を立てるポイント

新築にするにしては予算が不足しているからということで、リノベーションという選択肢がはいってきます。しかし、新築よりは安くなると言ってもやはり家のことです。

中古物件の購入金額でも高額になる予算は避けられないということで、やはり高額な買い物になってしまいます。

ですので結局、どういった経路を取るにしても家を手に入れようとするのなら、新築と同様に資金調達は大変です。

また、中古物件の購入ではなく、今ある家に関して工事を行う場合。まだ住宅ローンが残っているのならば、二重の支払いになってしまいます。

購入時のローンとリノベーションのローンの二重の支払いが危険というときは、あらかじめ金融機関で相談をしてください。

中にはこれらのローンを、まとめてしまうことの出来る金融商品も登場しています。これならば、返済年数が長くなる代わりに、支払いやすい方式にしていただくことも可能です。

まず資金調達の際には、住宅ローンが残っているのならば、リノベーションをする旨伝えて、それに適用できるローンがないかを相談してみてください。