生理前のむくみ解消.com » 脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は加齢やすべり症などを原因として起きる症状で、その多くが腰骨付近の腰椎に発生します。すべり症になった時に発生する腰に激しい痛みや痺れが出る原因は実はこの病気によって引き寄せられていることがほとんどです。この脊柱管狭窄症とはいったいどのようなものなのでしょうか。

そもそもこの病気がどのような状態を指すのかというと、脊椎の中心にある脊柱管という部位が椎間板の破損や腰椎のずれによって脊椎が押しつぶされて脊柱管が狭くなった状態を脊柱管狭窄症と言います。

冒頭で述べたとおり、この病気はすべり症などの腰に出る痛みや痺れの原因となることが非常に多いです。

なぜ痛みや痺れが発生するのかというと脊柱管の中にはたくさんの神経が通っており、その神経が脊柱管が狭まることで圧迫され、神経に強い刺激を常に与え続けることになります。

これが原因で神経が繋がっている腰や脚に激しい痛みや痺れを引き起こしてしまうのです。さらにこの脊柱管狭窄症は放っておくと痛みや痺れが大きくなるだけでなく下半身の神経を麻痺させてしまいます。

それにより脚に触っても何も感じなくなるなどの知覚障害が発生したり、頻尿や便秘などといった排泄生涯を発生させ、さらには失禁にまで発展します。ここまで来ると後々まで後遺症が残る可能性が出てくるのでこうなる前に、脊柱管狭窄症は早急な治療が必要です。

症状が軽いうちなら脊柱管を圧迫している原因を取り除くことですぐに回復させることが出来ます。

すべり症は末期症状で無い限り保存療法という自然治癒力を伸ばしたり身体を鍛えたりすることで病気から回復させる治療法により回復させることが出来るので、早期発見さえ出来れば体に負担をかけることなく治す事が出来るでしょう。

病気の早期発見と治療のためにも腰や背中に違和感を感じた時はなるべく早く病院に行って検査を受けてみましょう。